精神疾患 発達障害・パニック・うつ病・双極性障害など

日本の精神疾患は医薬品に頼る部分も多く、長期に渡ると様々な副作用も出てくる為、難治性となっております。

 

幸か不幸か、標準的な治療がその様な状況ですので、ご本人の治したい意思が強ければ、治る可能性もあります。

 

漢方を服用して生活の改善をしつつ、主治医に了解を取って減薬、という流れができれば、良い方向に向う事ができます。

 

特に発達障害、パニック障害は体の虚弱からくる場合も多いので、まずはそこから取り掛かると良いと思います。

 

うつ病も、日本では学校のカリキュラムや仕事内容が厳しく、体が付いていかず、心も疲れてしまった、という場合も少なくありません。

 

そういった場合も体の方を丈夫にする事が有効です。

血のめぐりが悪く、頭が滋養されないので、マイナス思考に陥ってしまう、という場合もあります。

 

こういった、病名は精神系の疾患だけど、主な原因は体の方にある、というパターンは漢方薬は非常に良く効きます。

もちろん、パニック障害だからこの漢方薬、うつ病だからこの漢方薬、というものはありません。体の体質から適切な漢方薬をお選びします。

 

また、双極性障害(躁うつ病)や統合失調症は、難治性となる事が多い為、ご家族の方もどうして良いか悩んでみえる方もみえます。

 

上記2つの症状が重い場合はご本人から正確な情報が得られない為、漢方の服用は難しくなりますが、ご家族からの相談は受け付けております。

 

また、症状改善の流れの中に必ず減薬がでてきますが、減薬の相談は最終的な判断は主治医になりますので、減薬は絶対にダメ、という方針の主治医ですと改善は困難です。まずは、患者さんやご家族の意見を聞いてくれる主治医探しから始める事が大切かもしれません。

 

人生の最終的な責任を負うのは患者さん自身とその生活を支えるご家族です。どのお医者さんも、症状を抑える向精神薬の処方や、生活の助けとなる制度の手続きはして下さいますので、そこからもう一歩踏み出して、どういう未来に行きたいかについて考え、それに必要なクリニックをお選びになると良いと思います。

 

ご相談内容は病気を持った方の体質改善が中心になりますが、看病されている方も体力、精神的に辛い状況でしたら、ご家族の方の為の漢方薬、という形でもご相談にのります。

 

漢方を服用するご本人が一緒にご来店しない場合は、「はじめての方へ」のページの最後の部分にかかれているものをお持ち下さい。

今の体調の他、病歴が長い場合は、今までの経過を整理してからご来店下さい。

 

食欲、排泄物の状況(尿の回数、色、便の回数、状態、汗の出方など)、睡眠時間、平熱、不快な症状などを聞いておいて下さい。

発病した年齢や季節、どんな時に調子が悪いか(季節や時間帯)、その時他にどんな症状があるか(頭痛や吐き気)などの情報も大切です。

 

どちらにしても、精神疾患はご本人の漢方治療に対するご理解と、ご家族のご協力、患者さんとご家族の意見を聞いて下さる医師、がみえると改善につながりやすい疾患になります。