婦人科系疾患 卵巣嚢腫・子宮内膜症・妊活など

婦人科系の疾患は、女性にとって人生を大きく左右する場合も多くあります。

 

子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮内膜症はどれも、将来、不妊症、不育症に関わってくる疾患です。

 

 

女性の体が一番充実するのは28歳ですから、その年齢を越してしまうと医薬品だけで治るのは難しいと思います。

 

 

しかし残念ながら、手術や高度医療、という手段にも色々と不都合が付いてくる場合が多い様です。

 

 

また、年齢が上がるに従い、段々と疲れた女性の体に、上記疾患と更年期障害という体の不調を抱えてしまいます。

 

そして、家事に仕事にと体の酷使を続けてみえる、という方も多くみえます。

 

 

西洋医学の薬のほとんどは対症療法になりますので、医薬品を服用している間に自分自身で回復する事になりますが、忙しい日々の中では難しい事となります。

 

 

最近では、漢方薬も気軽に手に入る事もあり、当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、加味逍遥散と、この辺りの漢方を服用されている方も多いと思います。

 

 

ここで注意していただきたい事は、漢方治療の一番大切な部分は体質の把握(専門用語で証といいます)と養生にある、という事です。

 

 

ご自分の体質に合っていない漢方薬を服用されて体調を崩されている方が結構みえますので注意が必要です。

 

 

他に、最近の患者さんは虚実挾雑、といいまして体質の把握が難しく、1種類の漢方薬では治らない方も多くみえます。

 

 

その様な方が、1種類の漢方薬を飲み続ければ、本人の気が付かない場所での不調が起こる事もあります。

 

(詳しくはこちらをご覧ください。→その漢方薬、大丈夫?診断が大切な訳<弁証論治> | 健康応援! 漢方・薬膳・サプリ★裏~表情報 (ameblo.jp) )

 

 

 

また、不妊や不育など生命に関係する漢方薬も、数種類、漢方薬が必要な事が多く高額なイメージがありますが、当店では養生法などの提案を加え、漢方薬代の負担が少ないように色々としております。

 

 

 

不妊や、婦人科系の問題は生活習慣やストレスが原因の事もありますので、まずはご来店の上ご相談下さいませ。

 

漢方で治せる症状が何か、養生でどこまで良くなるか、がわかるだけでも、気持ちが楽になると思います。