子宮筋腫

 

子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)は、小さいものを含めると女性の2~3割が持っている、良性の腫瘍(しゅよう)です。

 

女性ホルモンに影響され筋腫が大きくなりますが、多くの方で自覚症状がなく、通常、閉経とともに小さくなっていきます。

 

癌の様に悪性の病気ではありませんので、他の臓器に移る様な問題はありませんが、子宮筋腫の種類や場所、大きさにより、問題が色々と出てきます。

 

 

 

主な症状は、月経量の増大、月経がダラダラと続く、生理痛、不正出血などになります。

また、大きく、場所に問題がある場合は、膀胱を圧迫して頻尿をおこしたり、不妊の原因になる事もあります。

 

そういった場合は治療が必要となりますが、子宮筋腫の治療には副作用やリスクが多く、現状を我慢して過ごしている方も少なくはありません。

 

 

出産が終わった女性で、子宮筋腫による貧血に悩まされている方は、子宮全摘手術をされますと、生理自体がなくなりますので、血液が温存され、快適な生活を送れる場合も多くあります。

 

しかし、残念ながら、やはり、体にメスを入れますので、その事で痛みが残ったり、卵巣を温存した場合は、嚢腫(のうしゅ)ができやすくなる場合もあるようです。

 

閉経が近い年齢で症状もひどくない様でしたら、我慢して過ごすのも一つの手ですが、それくらいの年齢になると体力も落ちてきますので悩ましいところです。

 

 

一方、漢方薬では、出血があれば止血作用や補血作用のある漢方薬を使いますが、メインは体質改善ですのでリスクはありません。

 

(正しい漢方薬を服用する、という前提条件があります。詳しくはこちらのブログ➜https://ameblo.jp/kampo-yakkyoku/entry-12673480706.html)

 

漢方薬は、体の巡りを良くして、停滞して固まっているものを少なくします。

 

当店でも、婦人科系の体質改善の漢方薬は数多く揃えております。

お悩みの方はご相談ください。

 

★婦人科系疾患のページもご覧下さい→婦人科系 子宮筋腫・卵巣嚢腫・子宮内膜症・妊活など - アベ薬局 (abeyakkyoku.com)